熱中症を予防しましょう

暑くなると注意が必要な熱中症。死に至ることもありますので注意が必要です。
水分補強は欠かせませんが喉が渇く前にこまめに飲みましょう。ナトリウムなど不足しがちな栄養素の補給の意識も大切です。
屋外ですと、日陰を歩く工夫や、帽子や日傘の活用をしましょう。
服装も放熱性の高いウェアや吸汗・速乾素材のものなどで工夫をしましょう。



室内の環境づくりも気をつけましょう。

尚、スポーツの際もより一層の配慮が必要です。特にクラブ活動などでも、無理をしない・させないことが重要です。
子どもたちが中心のスポーツチームでは、体調が悪くなったことを報告できる環境づくりも重要です。もちろん指導者の配慮は欠かせません。 お子様では、運動中や学校中での発症が多く、働き盛りの世代では屋外作業や駐車場、自宅の居室も増えてきます。 高齢者は自宅の居室が最も多くなっています。お子様は体温調整や汗腺が未発達の為、成人よりリスクが高いといわれ 高齢者は、成人と比べて水分含量が少なくなってくることや体温の調整機能が低下していますので注意が必要です。





お知らせ

  • 当サイトはリンクに関しては制限を設けていませんので、ご自由にリンクをしてください。
  • 当サイトではJava script、CSSを使用しています。Java scriptをonにしていないと正常に動作しませんのでご注意ください。 なお、その他の動作環境はこちらをご確認ください。
  • 免責事項はこちら