土用丑の日

土用丑の日は実は夏だけではありません。立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれ前日までの 18~19日間が土用と呼ばれ、十二支を毎日にあてた暦で丑にあたるのが、土用丑の日です。 中でも夏は滋養の為に鰻を食べよう!というのが定着して今に至っているようです。




◇鰻

近年は産地表示が徹底されていますが、食品スーパーでは管理面での安全訴求もされている場合もあります。 選ばれる際にはチェックを心がけたいところです。
鰻丼・ひつまぶし・う巻き・うざく・・・色々食べたいところです。

<美味しい温め方の一例です>

  • 電子レンジ:
    耐熱皿に割り箸を2本並べたうえに鰻をのせ、タレと大さじ1杯の酒を振りかけてラップをかけ、1~2分加熱します。

  • フライパン:
    フライパンに割り箸を2本並べ、大さじ1杯の酒を入れ煮立たせた後、 鰻を箸の上にのせ弱火で一分程度蒸し焼きにします。

  • トースター:
    お酒を少量ふりかけ、アルミホイルで包んで約5分焼きます。

  • 魚焼きグリル:
    中火から弱火で2分程度焼き、タレ大さじ一杯をかけて表面の脂が沸々と湧くまで焼きます。


◇土用しじみ

土用しじみは腹薬といわれます。

◇土用餅

土用の入りの日に、餅を餡で包んで食べる風習があったとされています。

◇黒いものをたべる

丑の方角の守護神である玄武を祀ることから、黒いものを食べるとよいとされています。 なるほど、鰻もしじみも土用餅も黒いです。茄子も夏野菜ですし旬の食材です。 奈良漬は、鰻との食べ合わせが栄養吸収面でもいいみたいです。

◇「う」の付くものを食べる

健康で過ごせるといういわれがあるようです。うどんや梅などでしょうか。 鰻と梅干の食べあわせについて、良くないという迷信がありますが根拠はないようです。 鰻の苦手な方向けなのか、「土用の牛」ということで牛肉を食べようという告知を されている食品スーパーも見かけました。スタミナもつきそうです。





お知らせ

  • 当サイトはリンクに関しては制限を設けていませんので、ご自由にリンクをしてください。
  • 当サイトではJava script、CSSを使用しています。Java scriptをonにしていないと正常に動作しませんのでご注意ください。 なお、その他の動作環境はこちらをご確認ください。
  • 免責事項はこちら