ひなまつり

ひなまつりって!?

3月3日に行われる事が一般的になっている、桃の節句。 季節の節目に災厄を払うことの一つとして、ひなまつりが定着したようです。 また、おひなさまが災厄をひきうけてくれるともされており、お祝いをします。






◇桃の節句?

桃には邪気を払う力があるとされています。旧暦の3月3日頃には桃の花が咲くころでもあったようです。

◇ひな飾りについて

  • いつ飾る?
    雨水(うすい)の日が良いとされますが、遅くても1週間前には飾りましょう。 前夜に飾ることを「一夜飾り」といい、縁起がよくないとされています。

  • 収納時期とポイント
    3月中旬までがよいとされますが、天気が良く乾燥した日がいいですね。 収納時期が遅いと、婚期が遅れるとも、災厄をひきうけてくれた雛人形を長く飾るのもよくないともいわれます。 ハタキや筆を使って、ホコリを落として収納します。シミを防ぐため、手袋をして作業をしたいところです。 人形にとって湿気はよくありませんので、注意が必要です。 押入れの天袋などに収納される方が多いようですが、乾燥しすぎもひび割れの原因とも。 人形用の防虫剤も併用したいところです。秋の良く晴れた日に虫干しもおすすめですが、直射日光にあてるのはタブーです。

  • 贈るのは?
    嫁入り道具として持参されていた事もあり母方の実家から贈る事が多かったようですが、特にルールはありません。

  • いつ買う?
    ルールはありませんが、大安の日を選んで買われる方も多いのか量販店での告知を時々見受けます。

  • 姉妹の場合は?
    おひなさまが災厄をひきうけてくれるとされていますので、一人一飾りとされます。

  • 男雛と女雛、関東と関西で・・
    飾る時、関東では向かって左が男雛、右が女雛。関西では向かって右が男雛、左が女雛が主流のようです。


◇お祝いメニュー

  • 菱餅:
    下から緑・白・紅とされており、成長・清浄・健康などを表すとされ、 雪解けからの春の情景を表すともいわれています。

  • はまぐり:
    貝殻は対でないと同じものどうしでないと合わないことから、 将来の夫婦間を願っているとされています。

  • ひなあられ:
    諸説がありますが関西では菱餅から作ったともいわれ、 関東では残りご飯から作ったといわれ「ポン菓子風」になったとも。

  • ちらし寿司:
    お祝いごとには欠かせないちらし寿司。れんこんや海老など縁起もの食材が使われますね。 手巻き寿司を楽しんだり、最近では見た目のかわいらしさから「手まり寿司」を食べたり様々ですね。

  • 白酒:
    お酒です。お子さまには厳禁です。代替品としてノンアルコールの甘酒や、 桃のフレーバーの飲料もこの時期多く販売されますのでお子さまにはおススメです。




お知らせ

  • 当サイトはリンクに関しては制限を設けていませんので、ご自由にリンクをしてください。
  • 当サイトではJava script、CSSを使用しています。Java scriptをonにしていないと正常に動作しませんのでご注意ください。 なお、その他の動作環境はこちらをご確認ください。
  • 免責事項はこちら