端午の節句

5月5日に行われるのが一般的になっている、端午の節句。
雛祭りと同じように、季節の節目に災厄を払うことの一つとして行われていましたが、 菖蒲→尚武になぞらえ、武士のあいだで祝わるようになり、次第に男の子の節句として 定着したようです。身を守り、災厄から守る、鎧や冑を飾ったり、出世を願い武者人形を 飾ったりします。


◇菖蒲?

菖蒲には邪気を払う力があるとされ、形が刀に似ていることから男の子にとって 縁起物とされています。また清々した香りであることも含め、菖蒲を刻んだ菖蒲湯に 入ると良いともされています。

◇五月人形について

  • いつ飾る?:
    春分の日~4月半ば頃がよいといわれます。
    前夜に飾ることを「一夜飾り」といい、縁起がよくないとされています。

  • 収納時期とポイント:
    5月中旬までがよいとされますが、天気が良く乾燥した日がいいですね。 ハタキや筆を使って、ホコリを落として収納します。手袋をして作業をしたいところです。 人形にとって湿気はよくありませんので、注意が必要です。

  • 贈るのは?:
    母方の実家から贈る事が多かったようですが、特にルールはありません。

  • いつ買う?:
    ルールはありませんが、大安の日を選んで買われる方も多いのか量販店での告知を時々見受けます。

  • 兄弟の場合は?:
    五月人形が災厄をひきうけてくれるとされていますので、一人一飾りとされます。

トイザらス・ベビーザらス オンラインストア

◇鯉のぼり

鯉の滝登りにまつわる故事になぞらえ、立身出世を祈願した縁起物に。 時代とともに現在のかたちになったようです。


  • ベランダ用や室内用:
    住宅事情からベランダ用が増えました。最近では室内用も見かけるようになりました。

◇お祝いメニュー

  • 柏餅:
    柏の葉は新芽が出てくるまで古い葉が落ちないことから、 子孫が生まれるまで家系が途絶えないとされ縁起の良い食べものとされています。

  • ちまき:
    中国の楚の時代の「屈原の故事」から、災いを避ける縁起物として食されるようになったようです。

◇子どもの日!みんなでお祝い

ゴールデンウィークでもあり、子どもの日でもあります。ご家族や帰省した親戚も集まって皆でお祝いをされてはいかがでしょうか。





お知らせ

  • 当サイトはリンクに関しては制限を設けていませんので、ご自由にリンクをしてください。
  • 当サイトではJava script、CSSを使用しています。Java scriptをonにしていないと正常に動作しませんのでご注意ください。 なお、その他の動作環境はこちらをご確認ください。
  • 免責事項はこちら