七五三

11月15日に行なわれます。とはいえ現在では前後の土日にお参りする方も多くいらっしゃいます。 昔は子どもの死亡率が高かったことから、成長の節目に神様に感謝を報告し、健やかな成長を お祈りし、お祓いをします。




  • 3歳:
    男児女児とも行いますが、地域によっては女児のみです。 髪置(かみおき)の儀とされ、かつては3歳になってはじめて髪を伸ばしていたようです。

  • 5歳:
    男児が行います。袴着(はかまぎ)の儀とされ、かつては5歳になってはじめて袴をはいていたようです。

  • 7歳:
    女児が行います。帯解(おびとき)の儀とされ、7歳になって紐付きの着物から、はじめて帯の着物を 着るようになったようです。

◇千歳飴

千歳とは千年を意味し、長く伸びる飴は長寿を意味するようです。袋には縁起物が描かれています。 かつては親戚やご近所にも配っていたとも。

◇記念写真

七五三当日では無く、写真館等で前撮りをされる方が増えているようです。 早期割引があったり、レンタルの着物や袴も選択肢が多いことが人気の理由のようです。 是非、チェックしてみてください。




◇おじいちゃんおばあちゃんも

氏神様にお参りすることが多いからでしょうか。もしくは11月は祝日が多いからでしょうか。 おじいちゃん、おばあちゃんも一緒にお参りする方も多いようです。 3世代で揃って会食をされる方も多いでしょう。前撮りした写真をプレゼントされると喜ばれますね。





お知らせ

  • 当サイトはリンクに関しては制限を設けていませんので、ご自由にリンクをしてください。
  • 当サイトではJava script、CSSを使用しています。Java scriptをonにしていないと正常に動作しませんのでご注意ください。 なお、その他の動作環境はこちらをご確認ください。
  • 免責事項はこちら