秋のお彼岸

秋分の日の前後3日間、計7日間をお彼岸といいます。 春のお彼岸は、春分の日の前後3日間の計7日間をいいます。 それぞれのお彼岸でのお墓参りは、お盆に次いでお墓参りをされる方も多くご先祖様を供養します。 彼岸入りとは彼岸の初日、つまり春分・秋分の日それぞれの3日前、彼岸明けとは彼岸の最終日になります。


◇おはぎ

秋の彼岸に咲く萩の花に見立て供えられるようです。ちなみに春は「ぼた餅」です。 基本的には「おはぎ」と同じですが、餡はおはぎが粒餡、ぼた餅がこし餡とされるようです。 とはいえ地域により様々のようです。



◇帰省も

ハッピーマンデーの影響などもあって連休になる年もあります。お盆休みと年末までの間でもあり、 数日前は敬老の日でもあります。帰省をしてお墓参りをされる方も多いのではないでしょうか? 帰省土産を兼ねたお供えやUターン土産も気にしておきたいところです。 おもてなしの団らん機会、餡が苦手な方への洋菓子などもささやかな心遣いですね。





お知らせ

  • 当サイトはリンクに関しては制限を設けていませんので、ご自由にリンクをしてください。
  • 当サイトではJava script、CSSを使用しています。Java scriptをonにしていないと正常に動作しませんのでご注意ください。 なお、その他の動作環境はこちらをご確認ください。
  • 免責事項はこちら